中小企業副社長のコンサルティング

宿泊業(創業40年)の副社長がリアルな現場で使える経営ノウハウを紹介していきます!

中小企業の就職は負け組なのか。

f:id:okitakumao:20181203165402j:plain

 

 

中小企業は負け組なのかについてなのですが、勝ちと思うところもありますが負けてると思うところもあります。

 

 

 

 

 

 

中小企業のメリット

・仕事にスピード感がある。

・任せられる仕事の幅が広い。

・幅広い仕事から得られた知識は、転職や起業した時に使える。

・自分の力で会社が大きくなると恩恵が大きい。

・大企業に比べると出世競争が激しくない。

・転勤が少なく、子供の教育がしやすい。

 

 

中小企業のデメリット

・多忙で年収が低い傾向。

・経営が不安定。

・福利厚生が少ない。

・従業員数が少ないので、自力で勉強しながら力をつけないといけない。

・平均すると離職率が高い。

・ブラック企業に就職してしまう可能性有り。

 

 

起きたくまおの見解

中小企業が良いとおすすめする訳ではありませんが、向き不向きがあると思います。

どんな人に向いているかというと、自分の力で会社を大きく成長させたいなどの野心がある方だと思います。

そうすることで収入を増やしたいと考える方です。

大企業に入ると自分が会社に与えている影響力がどれくらいあるのかというのが極めてわかりにくいです。(従業員数が多いため。)

影響力がわからないということは評価もされにくいということです。

評価されないということは給料は大きく上がらず段階を経てあがります。

⚠会社選びの際に、評価制度がしっかりある会社を選んだほうが良いです。中小企業なのに年功序列している会社だと頑張るだけ苦しくなります。

 

 

中小企業の就職には、会社選びが大企業に比べてとても大事になってきます。

要点としては、

・離職率が低い。

・会社の成長が見込める業種である。

・評価制度がしっかりしてある。

・完全な同族経営でない。(例外あり、評価制度が明確な場合。)

 

 

 

 

起きたくまお感想

大企業で働くということは、とても金銭的にも恵まれていることです。しかし、ノルマも多く人間関係も複雑になります。

自分がどういうタイプかを見極めて就職することをおすすめします。

コツコツ積み上げるタイプは大企業向きではないでしょうか。

大きく人生変えたい人は、中小企業で挑戦してみても良いかもしれません。

どちらにも言えることは、実力をつけなければならないことです。会社選びを間違えずしっかり仕事と向き合えば自ずと良い方向にいくと思います。

 

 

 

 

 

 

中小企業のワンマン経営のリスクについてはこちらの記事に載せてありますので、就職の際など参考になるかと思います。

 

www.okitakumao.net

 

 

www.okitakumao.net

 

 

www.okitakumao.net

 

 

 

 

画像は香港のジャンボレストランの夜の景色で船で渡ります。