中小企業副社長のコンサルティング

宿泊業(創業40年)の副社長がリアルな現場で使える経営ノウハウを紹介していきます!

中小企業の乗っ取り対策である黄金株について

f:id:okitakumao:20181130091459j:plain

 


中小企業の事業継承において、株式の移動は大変です。しかし、株式を移動させることに集中していては会社乗っ取りの可能性も秘めています。そこで黄金株という物を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

黄金株とは

買収関連の株主総会決議事項において拒否権を行使できる株式のことを言います。

 

 

黄金株の必要性

中小企業の経営者が後継社長を決める上で節税のために、株式の移動を贈与税の範囲で行っていくのです。しかし、後継者にすべてを任せて良いのか迷いが生じる事があります。そこで、1株で拒否権を得られる黄金株が役に立ちます。定款規定の中に黄金株の株主の承認を受けなければならないという項目を明記しておくことで後継社長の暴走を防ぐことができます。

 

 

黄金株の注意点

黄金株が他の悪意のある人間に渡らないように注意しないといけません。黄金株は大きな権力を持つということは、逆に裏返しその株すべてを持つということです。とても危険なことです。上場を考えてる企業は、一つの株に権限が集中しているの危険とみなされる場合があるので辞めたほうが良いかと思います。

 

 

まとめ

黄金株の存在を知ってる方も知らない方もこの黄金株は、使い方次第だと感じたと思います。誰かに悪用される場合もありかなり取扱い注意です。少しでも不安を感じる場合は、おすすめしません。譲渡制限をつけて慎重に取扱しましょう。

 

 

起きたくまお見解

事業継承をする上でこの先を悲観して黄金株を発行することも可能でありますが、逆にそのことが次期後継者のモチベーションの低下に繋がる可能性もあるので注意した方が良さそうです。形だけの株式ではなく信頼できる人間に株を譲渡したほうが良いと思います。

 

 

 

また、黄金株について迷っている方に事業継承の方法でこちらの記事も読んでいただければ嬉しいです。

 

www.okitakumao.net

 

 

画像は高知県のモネの庭で撮った画像です。様々な植物があり、大変素晴らしいところです。