中小企業副社長のコンサルティング

宿泊業(創業40年)の副社長がリアルな現場で使える経営ノウハウを紹介していきます!

中小企業の役員報奨の決め方

f:id:okitakumao:20181120180058j:plain

 

まず会社を引き継ぐにあたって大事なこと、それはお給料の決め方です。特に従業員給与よりもウエイトが大きくなる役員報酬について考えることにしました。

 

 

 

役員報酬を決めるまえにまに

1.基礎知識の復習

1-1.役員報酬とは

取締役や監査役のような役員に対して支払われる報酬のことを指します。

 

1-2.従業員給与とは

会社で働く従業員さんに支払われるすべてのもの。

 

1-3.役員報酬と従業員給与の主な違い

1.役員報酬は毎月同じ金額でないと損金算入が認められていないのに対して、従業員給与は全額損金算入できる

2.役員報酬の場合、雇用保険をしない。(雇用保険対象外)つまり役員は失業保険が得られません。

 

1-4.役員報酬と従業員給与の扱いの同じ点

1.どちらも源泉徴収します。

2.どちらも所得税の計算方法は同じです。

 

 

☆起きたくまおの見解

このような基礎知識はとても大切だと思います。基本を疎かにしては元も子もないというものです。基礎を固めることをこの30代のうちにやっておこうと思います・・知らないことも多いですが。

 

 

それでは本題に入りたいと思います。

2.役員報酬の決め方

2-1.売上予想を立てそれに応じた役員報酬を決める方法

1.年間売上予想をする。

2.年間の仕入、経費(税金なども)、原価償却、借入金利、役員以外の人件費をなるべく正確に算出する。

3.会社に残したい営業利益を決める。

4.残ったお金を役員報酬として分配する。

 

2-2.まず役員が求める役員報酬を決める方法

1.役員報酬を決める

2.年間の仕入、経費(税金なども)、原価償却、借入金利、役員以外の人件費をなるべく正確に算出する。

3.会社に残したい営業利益を決める。

4.営業損益が出ないような年間売上を算出する。

 

 

☆起きたくまおの見解

家族のこと考えたら役員報酬から決めたいけど、会社のこと考えたら間違いなく売上予想立てそれに応じた役員報酬を決める方法しかないよ・・。売上予想を立てやすい会社もあれば立てにくい会社もあるのですが、売上予想が立てれないということはその年の売上は低くなるのではないでしょうか?明確な売上目標を立てれる会社は、より売上が予想より高くなるのかなと感じます。

 

 

 

こちらも大事になってくることです

3.役員報酬を決めるときの注意点

3-1.必ず株主総会によって決める

税務署の監査などが入ったときにも大事になってくるので議事録にまとめておく必要があります。こちらは税理士さんにお願いして作ってもらうこともできます。また、ネットで調べると書き方が載っていたりしますので参考にしてください。

 

3-2.期首から4ヶ月以内

節税の観点から中小企業などの小さい会社は、毎年変えることも多いです。なるべく早く取り掛かるようにしましょう。期首から4ヶ月以内に決定してください。

 

3-3.定期同額給与

毎月同じ給与でなければ損金算入できません。途中で変更してしも損金で落ちる部分は変わりません。

 

3-4.役員報酬と法人税の関係のバランス

役員報酬を低く設定しすぎると節税の観点からはかなり不利になることがわかります。単純に計算しても800万超になると役員報酬で引かれる税金より多くなります。

 

法人税について適用期間H30.4.1以後開始事業年度 

国税庁ホームページNo.5759より引用

中小法人とみなされているもの年800万以下の部分 19%(15%)
中小法人とみなされているもの年800万超の部分 23.2%

詳しくは、国税庁ホームページで調べれます。

(15%)は、平成31年3月31日までの間に開始する事業年度について適用されます。

 

☆起きたくまおの見解

かなり要点簡略化して説明させていただきました。細かいことは税理士さんと相談することをおすすめします。ただし、税理士さんは税務署との関係もあり話をすべて鵜呑みにしてはいけないと思います。最後に責任をとらなくてはいけないの社長本人だからです。税理士さんはあくまで相談相手と念頭においてお付き合いしたいところです。

 

 

 

4.まとめ

役員報酬の決め方において大事なのは、年間売上予想と経費などを算出して会社に利益を確保することです。会社が潰れてしまうことのないように役員報酬を定め経営していきましょう。会社とは人間同士の集まりなので良く相談して皆が納得いく形できめることも大事です。ギクシャクした状況は会社にもよくありません。言いたいことを言える職場環境も必要だと感じました。

 

 

※皆さんの会社はどうですか?いろいろ思うところもあると思います、ぜひコメントよろしくお願いします!

 

 

最後に、使っている写真はニュージーランドのフェリービルディングです。ここから、デボンポートに向かいます。