中小企業副社長のコンサルティング

宿泊業(創業40年)の副社長がリアルな現場で使える経営ノウハウを紹介していきます!

パリのモンマルトルで強引なスリ被害にあいました。対策は?

f:id:okitakumao:20181213204648p:plain

 

 

 

6年前の出来事です。実話です!

 

 

パリで実際にあったスリ被害について書いてみます。対策方法は?

 

 

パリはオシャレな街並みでした。とにかく浮かれていました。

 

 

パリで2日目のことでした・・・・

 

 

 

パリで強引なスリ被害にあいました。

 

 

モンマルトル(アベス駅です。)

 

 

ユーロ1万円分とメトロのチケット3000円盗まれました・・・

 

 

 

 

 

 

駅の近くをウロウロしていました。食事しようと思ってましたが、なかなか入りやすい店が見つからず諦めて帰ろうとしたのです。

 

 

 

駅の改札あたりでジロジロと見られているような感じがありました。

 

 

 

改札の中に入り電車が来るのを待っていました。

 

 

 

そして電車に乗り込みました!二人で手を繋いでました。

 

 

 

すると乗った瞬間に・・・

 

 

女の子5人くらいが・・・

 

 

勢い良く入ってきました!!そして二人の間を切り裂くように嫁さんを1人にされました。

 

 

 

すると

 

 

 

嫁に対して1人の女の子が・・すごい勢いでおおきな声で

 

 

 

What time   is   it  now!!!!

What time   is   it  now!!!!

What time   is   it  now!!!!

What time   is   it  now!!!!

What time   is   it  now!!!!

 

 

 

と連呼してきました!

 

 

なんだなんだと思いました!

 

 

 

そして時計を見ろという仕草をしてきます!!!

 

 

は!?時計なんか無いよという仕草を嫁がしますが

 

 

 

What time   is   it  now!!!!

What time   is   it  now!!!!

What time   is   it  now!!!!

What time   is   it  now!!!!

What time   is   it  now!!!!

 

 

 

連呼していきます・・・

 

 

 

 

急に静かになりました・・・

 

 

 

なんだこいつらと思いました。

 

 

 

するとドアが閉まる直前に逃げるように5人が出ていきました。

 

 

 

 

何だったんだと二人で話していました。(取られてることに気付いていませんでした。)

 

 

 

すると近くに座ってるフランスの黒人の男の人が嫁さんのバッグを指さしながら

 

 

 

何か言っていくれています。

 

 

 

残念そうな顔をしています。

 

 

 

そこでハッと気付きました。

 

 

 

 

ユーロ1万円分とメトロのチケット3000円盗まれました・・・

 

 

 

パリ旅行で浮かれすぎていたのでしょうか

 

 

 

 

やられました。

 

 

 

時計を付けていないという仕草をしている時などに、カバンから抜き取られていたようです。

 

 

 

 

これが強引なスリ被害の全貌です。

 

 

 

対策はしていったつもりでした。

 

 

 

服の中に首掛けのセキュリティーポーチでパスポートなどクレジットカード、携帯、大きな現金を入れていました 。

 

 

 

しかし、すぐに出せないので小さなショルダーバッグを持っていました。

 

 

 

そのショルダーバッグを前に来るようにしていましたが、

 

 

 

時計を見る仕草を無理矢理やらされて詰め寄られている間に別の女が盗っていったみたいです・・

 

 

 

 

そこがダメだったのと、ショルダーバッグが比較的開けやすかったことです。これは対策が不十分でした。

 

 

 

 

また、改札前で切符を出す時に財布を見られたことです。

 

 

 

切符だけ別で持っておくと良いかもしれません。

 

 

 

また夕方モンマルトルをウロウロしていたのも良くなかったです。

 

 

 

あの辺りは少し危険な気がしました。黒人の若いお兄ちゃんがいっぱいいました。

 

 

 

対策は十分として行ったほうが良いですね、取られた額はそんなに多くないのかもしれませんが

 

 

テンションが下がります。

 

 

こんな感じです。

 

 

このブログが誰かの役にたてばと考えてます。

 

 

 

生活情報よければどうぞ!

 

www.okitakumao.net